外壁塗装リフォームはいつしたらいい?

外壁塗装リフォームはいつしたらいい?

そろそろ家のリフォームをしたほうが良い時期かな? まずは外壁塗装からリフォームして、外観を美しくしたいと思っているご家庭も多いのではないでしょうか。マイホームを購入した時点では、新築でも月日が経過すれば中古住宅となり、外観の見栄えも少しずつ悪くなり、劣化してきます。安心して住める家・快適な住まいであり続けるためには、何年かごとに外壁塗装を行う必要があります。

 

とくに、外観を美しくしたいのであれば、外壁塗装のリフォームを行うと良いでしょう。それでは、外壁リフォームを行うタイミングは、どのように見極めたら良いのでしょうか。
リフォーム業者によっては、住まいの健康診断を行い、外壁の耐久性やどの程度まで劣化しているのかを診断するサービスを無料で提供しているところもあります。

 

外壁塗装のリフォームを行う時期は、その住まいに使用されている素材や空気環境、気象条件など様々な要素が絡み合っているので、新築してから10年後、20年後というように判断するのはまず難しいでしょう。まずは、外壁塗装やリフォーム専門の業者に自宅に来てもらい、住まいの診断をしてもらうことです。そして、住まいのどの箇所について、リフォームを施したら良いのか、適切なアドバイスを求めると良いでしょう。

 

なお、業者によっては、無料診断したあとに契約をしつこく迫ったり、作成した見積書と実際の請負額にかなりの格差が生じるなど、悪質な業者もありますので、業者選びは慎重に行いましょう。