外壁塗装リフォームはいつしたらいい?

断熱材の種類と特徴

住まいのリフォームを行う前に、断熱材にはどのような種類があるのか、そしてどのような特徴やメリット、デメリットがあるのかぜひとも知っておく必要があります。
断熱材は、住まい環境を快適にするために必要であり、室内の温かい熱を逃すことなく、エアコンや暖房などのムダな電気代を消費することなく、常に快適な住まい空間を生み出すために必要です。

 

外壁塗装については、外見を美しくして耐久性を良くするといった効果が期待されていますが、断熱材の場合、見た目だけではよくわからない部分もありますので、信頼性の高いリフォーム業者を選び、目的や用途、住まい環境にピッタリ見合う断熱材を選びたいものです。

 

しかし、断熱材については、リフォームにまったく知識のない素人では、どのようにして選んだら良いのか判断がつかずに、建築家やリフォーム業者が勧めるものがそのまま採用されるケースがほとんどです。

 

断熱材は、冬の厳しい寒さをしのぐために使用するものと思うかもしれませんが、それだけではありません。夏の暑い時期には、暑い空気が室内に侵入するのを防ぐという役割も果たしています。つまり、夏でも冬でも、断熱材を通して、快適な住まい空間を維持することができるということですね。

 

快適な住まい空間を維持していくには、屋内と屋外の温度差をできるだけなくすことです。室内が乾燥しすぎることなく、かといって湿気がこもることもなく、温度と湿度のバランスを良くすることです。断熱材を用いることによって、家屋の耐久性をキープすることができるとともに、暖房や冷房などの電気代の節約にもつながるということです。

 

それでは、断熱材として、どのような建材が用いられているのでしょうか。
断熱材は、床や天井、壁などに用いられているものもあれば、家屋の気密性を高めるために使用されるものもあります。住まいの断熱性をより向上させるためには、厳選された断熱材を用いること、そして気象条件に見合う断熱材を用いることが重要です。

 

断熱材の種類の中で、もっともポピュラーに用いられているのが発砲プラスチック系と繊維系です。繊維系の断熱材には無機質・木質などの種類があり、発砲プラスチック系断熱材には、硬質ウレタンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム、ビーズ法ポリスチレンフォームなどの種類があります。長期間に渡り、断熱性と耐久性、防火性に優れた断熱材には、発砲プラスチック系断熱材の中でフェノールフォームがあります。適材適所という言葉があるように、住まい周辺の気象条件や生活環境などに合わせた建材を選び、耐久性に優れた素材を選ぶことが重要ですね。家は一生の財産ですから、外壁塗装と同様に断熱材のリフォームは、じっくりと検討して、慎重に業者を選びたいものです。断熱材に用いられる建材ごとに、価格には格差が生じてきますが、安かろう・悪かろうでは後々になって困ります。断熱材について、それぞれの特徴やメリット、デメリットについては、信頼できるリフォーム業者に相談して、丁寧に説明してもらいましょう。