外壁塗装リフォームはいつしたらいい?

外壁材の種類と特徴

外壁塗装のリフォームに用いられる外壁材の種類と、特徴について、詳しくご紹介したいと思います。その前に、まずは外壁材とは、どのような物を指しているのか、ご説明しましょう。外壁材は、紫外線や火災、雪や雨、台風などの天候による変化などから住まいを保護するとともに、住まいを長持ちさせるために必要不可欠な建材のひとつです。

 

外壁材は、住まいの外を覆う役割を果たしているため、外壁の選び方次第で住まいの見栄えもガラッと変わります。外壁材は、どのような天候の変化や悪化にも十分に耐えられるように、耐火性や耐久性、耐水性が強いものでなければなりません。価格が安くてもろい素材だと、せっかく外壁塗装のリフォームをしても、数年後にはまたリフォームを施さなければならなくなります。このような観点から、外壁材は慎重に選択する必要があります。

 

ここでは、一般住宅での外壁塗装のリフォームによく用いられている外壁材の種類について、ピックアップしたいと思います。外壁材には、塗壁・サイディング・モルタル・タイルなどがあります。その中でも、もっともポピュラーなのがサイディングであり、その特徴とメリットとして、大手住宅メーカーや工務店などで標準仕様となっているため、色彩などのバリエーションが豊富でしかも、素材としての質が高いということです。

 

サイディングには実にさまざまな種類があり、樹脂系・木質系・金属系・窯業系などがあります。外壁塗装のリフォームを専門の業者に依頼する前に、まずは外壁素材の見本を見せてもらい、それぞれの素材の特徴やメリット、デメリットなどについて、きちんと説明を受けておきましょう。