外壁塗装リフォームはいつしたらいい?

内断熱と外断熱ってどっちがいいの?

住まいのリフォームについて、「内断熱と外断熱ってどちらいが良いのでしょうか」という質問をよく受けることがあります。そもそも内断熱と外断熱について、どのような特徴の違いがあるのでしょうか。そして、それぞれの断熱材のメリットやデメリットなどについて、詳しく知っておく必要があります。

 

内断熱と外断熱について、コストで比較すると内断熱のほうが安価で施工も比較的容易です。外断熱は、柱や梁などの住まいの構造の外側に板状の断熱材を貼り付けるという工法です。内断熱と比較すると、施工には非常に手間がかかりますが、手間をかけた分、家屋のすべてを断熱材で覆われるため、柱と梁も外気から保護されます。密閉性が良くて断熱材に水分など湿気がこもる心配もなくて、快適な住まい空間を生み出すことができます。

 

断熱性の良さで比較すれば、あきらかに外断熱による工法のほうが優れていますが、その分、施工には高い技術力が必要であり、手間とコストがかかります。内断熱は、細かい隙間ができやすく、これによって、断熱の隙間ができてしまうため、断熱性が十分であるとは言えません。結露で水分が含まれてしまうと、カビやダニなどの原因となりますので、衛生面が心配ですね。

 

リフォーム業者のほとんどが、外断熱工法を勧めているのが現状ですが、ひとつデメリットをあげるとすれば、外断熱を導入することにより、高気密な断熱性となりますので、こまめに室内の換気を良くする必要が出てきます。また、外壁が厚くなるため、敷地周りには、ある程度の余裕が必要とされることになります。しかし、住まいをより快適に長持ちさせたいのであれば、やはりお金をかけてでも外断熱工法を導入したほうが長い目で見れば安心ですね。

 

一昔前の時代は、一戸建て住宅の奥が内断熱工法が導入されていましたが、近年は外断熱工法が導入されている住宅会社が増えているようです。断熱材は、外壁の中に入っているため、直接目で見る機会がないので、どのようにして選んだら良いのか、あまりピンとこないかもしれませんが、それぞれの芽ノットやデメリットをよく理解した上で、快適な住まい空間であり続けるために最善の方法を選ぶべきでしょう。